2016年11月14日

明日、ママがいない」は差別・偏見直晶子につなが

日本テレビ系のドラマ「明日、ママがいない」が議論を呼んでいる. 施設で暮らす子どもたちへの差別や偏見につながるのか. フィクション=作り物だと割り切って見ればいいのか. ■主役の女の子、あだ名は「ポスト」 21日、全国児童養護施設協議会が会見を開き「施設の子どもが学校で(ドラマを見た子から)『お前ももらわれていくのか』と言われた」と改めて抗議. 施設の子どもたちへの影響について調査を始めたという. 同協議会は昨年12月、第1話の脚本を確認して日テレ側に改善を求めたといい、日テレからは「回を重ねる中で変わっていく」との説明があったという. 同協議会は「状況が変わらなければ、放送中止の申し入れも検討する」としている. ドラマの舞台は児童養護施設. Adidas サッカースパイク 15日に初回が放送された. 芦田愛菜さん(9)演じる主人公は、赤ちゃんポストに預けられた過去から「ポスト」と呼ばれる. 塔京の名所や着替えパーツを紹介する『喧嘩 施設長は「お前たちはペットショップの犬と同じだ」とののしり、里親に「かわいげ」を見せるため、朝食の前に泣く練習をさせる.
posted by EnomotoChisa at 16:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください